Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 建築物
  5. クアハウス

クアハウス

1807-1810の間に、既に最初のクアハウス建設をもたらしたのはギャンブルでした。

19世紀にヴィースバーデンは世界的に有名な温泉地として急成長した為、増えるニーズに応えられるような新しい温泉施設が必要になり、ミュンヘンの司法議会とベルリンの市議会建設の草稿で名を知られるようになったフリードリッヒ・ フォン・ティーアシュが建設を請け負うことになりました。

1907年、元の社交館と同じ場所に同じ様式で新しい見事なクアハウスがカイザー・ヴィルヘルム2世の出席の下披露されました。黄色い大理石のワインサロン、フラスコ画や貝、小石で壁が装飾された貝の間、ルイ16世様式の赤のパビリオン、バッカスルーム、エンボスカーフレザーと金メッキで飾られた天井のある休憩スペースのような部屋の数々があり、とても豪華です。大きなコンサートホールはナッサウ産の大理石で出来た高い柱があり、マホガニー素材の壁や全体的に青と金の格間で装飾しています。

この当時の装飾が残った唯一無二の建築物ですが、第2次世界大戦の終わり頃、空襲によりほとんどが破壊されました。しかし戦後、暫定的な修復が行われました。

1083年にヴィースバーデンのクアハウスは650万マルクかけて修復、近代化されました。古い銅板画や写真で今でも残っているフリードリッヒ・フォン・ティーアシュの建築プランによると、建物は1907年の元の様式が残されたままヴィルヘルムお抱えの建築家によって修復されました。その際機能面に力を入れ、今日近代的な通信技術を持つヴィースバーデンのクアハウスは、多面的なイベント会場になっています。

1987年12月4日、クアハウスは煌びやかなフェスティバルと共に再び開設し、そのイベントプログラムはこの施設の催し物に応じた使用の提供を証明しました。

それ以来、この建物は社交の場の中心となり、国内・国外の議会、会議、カンファレンス、展示、ガラ・ディナー等が歴史的なホールで開催され、クアハウスはイベントの中心としての新しい面も見せてくれます。

2007年5月11日、クアハウスは100周年を迎え、5月11日から13日まで3日間お祝いしました。