Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 記念像
  5. クアパークにあるドストエフスキーの胸像

クアパークにあるドストエフスキーの胸像

前世紀90年代半ばに当時のロシア大統領ミハイル・ゴルバチョフがその妻と共にヴィースバーデンを訪れました。その頃ゴルバチョフと一緒にいたロシア人特派員は有名なロシアの画家であり、彫刻家でもあるガブリエル・グリカムにヴィースバーデンとドストエフスキーを結ぶ密接な関連について説明しました。

話を聞いたグリカムはちょうどヴィースバーデンのカジノが225周年記念だった為、表現主義彫刻のドストエフスキー胸像をカジノの誕生日プレゼントとして贈呈しました。1996年以降、クアパークのニース広場にその胸像は立っています。

小説家のフョードル・ドストエフスキーは1865年、ヴィースバーデンに滞在した際3000ゴールドルーブルを使い果たし、彼の担当出版社からさらに借金をしましたが、その時の条件が短期間で新しい小説を書き上げることでした。期日の1か月前にドストエフスキーは若き速記者アンナ・ス二―トキナ-のちに彼の2番目の妻になる-に「賭博者」を記録的な最短時間で口述筆記させました。その本は1866年に公表され、賭博好きの情熱と金銭欲がテーマで、架空の町「ルーレッテンブルク」が舞台となっています。