Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. ワイン体験
  4. ウィースバーデンのワイン畑

ウィースバーデンのワイン畑

ウィースバーデンのワイン畑はワイン醸造における地理的分類デラインガウと呼ばれるブドウ栽培地帯に属しています。このため、ウイースバーデンは "ラインガウへのゲート" とも呼ばれています。ウイースバーデンとその周辺地域には山の斜面を利用したワイン畑の散策や、さまざまなワインテーステイングなど、いろいろな楽しみ方があります。

ウイースバーデンでのブドウ栽培

ウイースバーデンのワイン畑はワイン醸造における地理的分類デラインガウと呼ばれるブドウ栽培地帯に属しています。このため、ウイースバーデンは "ラインガウへのゲート" とも呼ばれています。ウイースバーデンやラインガウ地方では、特にリースリング種のブドウ栽培において長い伝統があります。その歴史はカール大王の時代にまでさかのぼります。

ネロベルグ山でのブドウ栽培

ネロベルグ山でのブドウ栽培はドイツでも数少ない街の中心に立地するブドウ畑のうちの一つです。ここでは他に比類のない独特な土壌や地質(terroir)のため、ここでできるリースリングワインは、ほのかな果実のアロマとエレガントな果実酸が見事に一体化しており、時には花のようなアクセントを持ち合わせています。ブドウ園はウイースバーデンのハウスべルグ山上にあり、2005年まではウイースバーデン市によって経営されていました。現在ではヘッセン州が管理する国立のブドウ園となり、ブドウ栽培のエキスパートであるドメーネ(国が模範的に管理する大きなブドウ園)ラウエンタールによって運営されています。この山の斜面のブドウ畑は今日では文化遺産として史跡文化財保護の対象となっています。

ネロベルグ山の斜面のブドウ畑のガイド散策はウイースバーデンマーケティングGmbH有限会社で予約申込みすることができます。

ネロベルグ山

ブドウ栽培のために初めて土地開墾されたのは1525-1526年で当時はエアスべルグ山と呼ばれていました。その後名称はメルスべルグ山と改名され、17~18世紀にはネルスベルグ山と呼ばれるようになりました。その後ウイースバーデンは古代ローマ時代に対するある意味での過去への回想から前世紀に入るころから、ハウスべルグ山という名称からネロベルグと再度改名しました。

中度またはやや強めの泥土質で、かつ石質で風化礫的なこの地方の土壌構成はセリサイト片麻岩にレスローム的な地質が混じり合ったものです。この土壌からできるブドウで造られるワインはフルーテイで香ばしく、それと同時にピリリとした美味ある酸味を持ち合わせています。このワインは初期にはまだ閉ざされています。それぞれ年毎の天候変化に応じてワインの味も全く異なるものになります。