Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 教会
  5. 聖ボニファティウス教会

聖ボニファティウス教会

聖ボニファティウス教会は、ヴィースバーデンの中心街で最古の教会であり、1849年6月19日に奉献されました。のちにネロ山の頂上にあるロシア正教教会や、旧ユダヤ教会も建設したフィリップ・ホフマンが中心となって建設されました。聖ボニファティウス教会は、小教区区民のための教会で、同時にヴィースバーデンのカトリック教徒のための教会でもあります。その第一印象は、大きなホール式教会堂内部での秘伝的・神秘的な陰影法にみられます。日の光が鮮やかな大きなステンドグラスの中で上に屈折しています。そしてその下では、数え切れない祈祷のためのろうそくの光が、礼拝へと向かわせています。

訪問者は、十字交差部の中に浮かぶ主祭壇のある中心部へ、ふと吸い寄せられます。礼拝堂の中では、永遠の光が独特な輝きを放っています。それは、主がモーゼに自分自身を示し、民衆に自身の名を啓示した燃えるようないばらの茂みを彷彿とさせます。「私は私(神)である」。天における忠誠な神の証人として、神の子ナザレのイエスは、我々にこの名前を奇跡的に広めたのです。「私は世界の果てまでいつも君たちと共にいます。」