Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 公園と庭園
  5. 保全地区

景観保護地域「ヴィースバーデン」

ヴィースバーデンの市街地でない領域で開発されていない場所の大部分は、2010年10月12日に景観保護地域の指定を受けました。景観保護地域は法的に取り決められた領域で、その領域の中では特に自然と景観が完全保護されています。

景観保護地域「ヴィースバーデン」は以下のことを達成しなければなりません。

  • 文化的な景観において、その多彩さ、美しさ、文化的・歴史的意味とその使用を確かなものとし、復旧すること。
  • それと関連ある森林地帯を動植物の領域として保つこと。
  • 河川や氾濫原は、動植物の生息空間や生態系の機能性にとって重要な意味を持つ為、保護すること。
  • 多様さの発展、景観の特異性と美しさを、風景として、または屋外での休息の場として保護すること。
  • 景観地域、特に果樹園、森の中の窪んだ道、段丘がその存在を脅かされた場合、その生息構造を保ち発展させること。

これらの保護地区は2つのゾーンに分かれています。ゾーン1は使用可能な区域に対する保護で、例えば農業・レジャーエリア・人口庭園の使用の際、自然保護の方をより優先しています。

これらのゾーンはヴィースバーデンで重要な小川や草原、また、法的に保護された動植物の生息空間とその複合性に対するものであり、またヴィースバーデンにとっても冷たい新鮮な空気の通り道等、気温変化にも影響のあるゾーンです。ゾーン2では屋外使用も自然保護も同等に考えられています。

景観保護地域「ヴィースバーデン」のゾーン1と2や保護に対する法的な規定については、このページをダウンロードしてください。