Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 通りと広場
  5. ルイ―ゼン広場

ルイ―ゼン広場

ルイ―ゼン広場の特に東側は、例えの一つとして1832年頃の印象深い古典主義様式の内装を表現しています。クリスチャン・ツァイスはキルヒガッセを延長した先にこの広場を作りたかったようですが、建設局員のヨハン-エバーハート-フィリップ・ヴォルフは今現在の場所に決めました。

シュタットシュロスと最初のカトリック教会をルイ―ゼン広場に建てるという計画は、始めの頃何度も変更されました。まずは1806年にナッサウ公国が設立し、その居城はボニファティウス教会の代わりに建てられ、夏の離宮と繋げられるはずでした。その後何度も建設地、建築計画、所有権を巡って変更があり、1843年にカトリック小教区がルイ―ゼン広場の土地を取得しました。

ここに立っているワーテルロー・オベリスクは、ナポレオンとの戦いで敗れたナッサウ市民への思いを伝えています。

今日ヘッセン州文部科学省が広場西側に立っています。