Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 建築物
  5. 皇太子宮殿

皇太子宮殿

1820年、クリスチャン・ツァイスによって建てられたこの皇太子宮殿の名は、この宮殿がナッサウ-ヴァイルブルクのヴィルヘルム王子の住居として使われる予定だったことに由来します。しかし、王子は彼の父親の死後ビーブリッヒ城に移りました。

古典主義様式の建物は、その後ナッサウ公爵図書館、税務局、会計室、そして博物館として使われてきました。第2次世界大戦の後はヘッセン州法務省がヴィルヘルム通りに立つこの建物に収容されています。1871年以降、この宮殿は長期の改装・改築工事を経て商工会議所の拠点となりました。