Sprungmarken
Dynamische Navigation einblenden
Dynamische Navigation ausblenden
Suche einblenden
観光
現在位置を見る
  1. トップページ
  2. 観光
  3. 見どころ
  4. 建築物
  5. 中央駅

中央駅

クラシカルなネオバロック様式の中央駅は、1906年にカイザー・ヴィルヘルム2世によって新しいセントラルな駅として赤い砂岩を使い、建てられました。40メートルの塔やパビリオン、そしてホール等の一つ一つの配置は、絵画的な観点から配慮されました。

外側に反して、駅の内部は黄色い砂岩で出来ています。

当時、温泉町へ来る為の乗客数が増えることを考慮して、新しい駅の建設は必要不可欠なことで、行き止まりの駅として横に幅広いこの駅は乗り換えに階段を上り下りしなくてすみます。

また、一般の営業時間でなくても買い物ができるように、改装工事の後、中央駅は近年続けて中に入るお店を拡張してきました。